BON Festival Orchestra

 ボン・フェスティバル・オーケストラ 

次回のコンサート

第三回演奏会

2021年8月15日(日)18:00

札幌市教育文化会館 大ホール

指揮:文屋治実
コンサートマスター:鎌田泉


ブラームス : 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
ブラームス:交響曲第4番 ホ短調 作品98

発売中
道新プレイガイド 
札幌市民交流プラザチケットセンター
教文プレイガイド

(ヴィオラ奏者募集中です。興味のある方お問合せ下さい)


指揮 文屋治実

    旭川市出身。チェロを上原与四郎、堀江泰氏、松下修也、三木敬之の各氏に、指揮を
金子登氏に師事。東京芸術大学音楽学部器楽科卒業。フィンランド政府給費留学生として、シベリウス・アカデミーにてアルト・ノラス氏に学ぶ。
    毎年開催しているリサイタルは「音楽の友」、北海道新聞等で絶賛されている。
また「現代のチェロ音楽コンサート」では20世紀以降に作られたチェロ曲を100曲以上
演奏している。フィンランド、ドイツにおいてリサイタルや室内楽のコンサートに度々
出演。指揮者としては2016・17年苫小牧市民管弦楽団定期公演に出演、好評を博した。
    プロ奏者で結成されている北海道室内管弦楽団代表。アンサンブル・エルヴェ顧問。
北海道国際音楽交流協会(ハイメス)理事。
道銀芸術文化奨励賞、札幌市民芸術祭大賞受賞。令和元年に札幌芸術賞受賞。
札幌交響楽団退団後、チェリスト・指揮・編曲等幅広い音楽活動を行っている。
北海道新聞夕刊に「ステキな現代の音楽」を3年半に渡り執筆した。
    BONフェスティバルオーケストラ代表・指揮者

http://www.harumitsubunya.com/ 

コンサートマスター  鎌田泉

桐朋女子高校音楽科に入学。ジュリアード音楽院にオーナーズ・スカラシップを得て入学。スペインのパンプローナで行われたパブロ・サラサーテ国際ヴァイオリン・コンクールで第2位入賞し、併せて聴衆賞受賞。スペイン各地でコンサートを行い、好評を博す。またニューヨークとワシントンDCにてリサイタルやコンサートも行う。第4回日本室内楽コンクール第2位入賞。倉敷音楽祭、サイトウキネンオーケストラ、東京のオペラの森などに出演し幅広く活躍している。現在は紀尾井シンフォニエッタ東京のメンバーとして、国内主要オーケストラのゲスト・コンサートマスターや客演首席を務めるほか、東京音楽大学の指揮科特別アドヴァイザー、札幌大谷大学の非常勤講師を務める。2019年にはチェロの石川裕支氏(札響)、ピアノの西本夏生氏と「トリオ・ミーナ」を結成。Kitaraでコンサートを開催した。BONフェスティバル・オーケストラ:コンサートマスター

https://www.facebook.com//105236771193931/ 

お問い合わせ

Japan

プライバシーポリシー を読み、同意しました